散骨の方法と種類について

subpage1

散骨とは亡くなった人の骨を火葬した後に自然の中に撒くことを指します。



全ての生物は動物も植物も最終的に自然に還るという考え方があり、それを体現した葬礼と言えます。遺言などによって散骨を希望する方もいるので、その方法をしっかりと把握しておくことが大切です。

実は散骨は業者に依頼するだけでなく、個人で行うことも可能です。個人で行う場合は火葬した遺骨を2mm以下に砕く必要があります。これよりも大きな状態で撒いてしまうと遺棄罪になってしまうので注意が必要です。遺骨を袋などに入れてハンマーで叩けば砕くことができますが、遺族にとって遺骨を砕くことは精神的に厳しいものがあり、粉骨を業者に代行してもらう方も多いです。

散骨の優良サイトならこちらで見つかります。

散骨をする場所としては海洋や森林が一般的です。
しっかりと粉骨した状態であれば法的な規制上の問題はありません。

しかし、個人個人のトラブルに発展しないようには注意しましょう。
それに加えて都道府県や市町村によっては特別な条例が定められているケースもあります。


それらのトラブルを確実に回避するためには散骨の全てを業者に依頼する方法があります。


昨今では低い料金で行ってくれる業者が増えているのもありがたいポイントです。
また、宇宙葬など業者で無ければ行えない葬礼もあります。死亡診断書や埋葬許可書があれば安心して第三者に対して代行を依頼することができます。

朝日新聞デジタル関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

故人の遺志を出来るだけ尊重できるように、優良な業者を選びたいところです。

社会の常識

subpage2

少子高齢化が進行する現在社会において、経済的な事情や継承者がいないという理由を背景に墓を維持できずに手放すケースが増えています。それによって引き起こされるトラブルを回避するために散骨を選ぶ方は多いです。...

next

社会について情報

subpage3

従来の墓石に埋葬する葬送は、後継者が必要になり、維持費や管理費がかかります。近年の少子・高齢化が進む中、お墓を守っていることがむずかしくなったり、転勤や引っ越しなどで、お墓参りが難しくなるなど、さまざまな問題も起こってきています。...

next

社会関係の真実

subpage4

散骨とは、死んだ人の遺体を火葬し、その骨を粉末状にして海や空、山にそのまま撒くという葬送方法のことを言います。日本では火葬にした後墓に納めると言う葬送方法が一般的です。...

next

最新情報

subpage5

散骨という言葉を聞いたことはあっても詳しく知らないという人も多いでしょう。散骨とは、細かく砕いた遺骨を山や海に撒き、自然と融合していく葬送(自然葬とも言います)です。...

next