お墓が必要ない散骨とは

subpage01

散骨という言葉を聞いたことはあっても詳しく知らないという人も多いでしょう。

Reutersに関する情報満載です。

散骨とは、細かく砕いた遺骨を山や海に撒き、自然と融合していく葬送(自然葬とも言います)です。
すべての遺骨を撒くこともできますし、一部を捲くという人もいます。


ただし、この散骨に関しては合法であるのか違法なのかが問われている部分もあるようです。
その理由としては、勝手に骨を撒くという行為が迷惑な行為であると捉えられてしまうこともあるからです。



基本的には違法ではないという背景はありますが、実際にはどこになら撒いても良いのかの決まりはないので、ここなら撒いても大丈夫だろうという場所は存在していません。



法務省では節度をもって行われているのであれば問題はないとしていますが、はっきりとした決まりがない分、節度やマナーが大切であることがわかります。特に陸地の場合は、住民などによるトラブルの例もあるそうで、自治体によっては条例が制定されていることもあるようですが、日本国内での話となるとわかりやすいルールはないのです。


これらのことを踏まえると、基本的には法に反することではないけれど、節度やマナーを守って散骨しましょうということになり、非常にアバウトな状態であるということが背景にある為、この先この方法が実行することができなくなるという日がくるかもしれません。お墓を持ちたくない、自然に戻りたいという気持ちがある人はその望みが叶わなくなるなんてこともあるかもしれないのです。