自然に還る散骨と言う選択肢

subpage01

散骨とは、死んだ人の遺体を火葬し、その骨を粉末状にして海や空、山にそのまま撒くという葬送方法のことを言います。日本では火葬にした後墓に納めると言う葬送方法が一般的です。

ビジネスジャーナルを情報を幅広くご活用下さい。

しかし急激な少子高齢化が原因で、墓を管理してくれる子孫がいないという人が増えています。



また、墓地高騰によってお墓を持てないと言う人も多くなっているのです。
そこで、これまでの形式にとらわれない散骨に注目が集まるようになりました。


昔に比べると家そのものへの執着が薄くなり、死後は自然に還りたい、という考えを持つ人が増えてきたことも、注目される理由の一つになっています。


散骨する場所には、海、空、山などがあります。

一番広く行われているのが海へ遺骨を撒くと言う方法です。

散骨は違法ではありませんが、人間の骨と分かる物をおいそれと海に撒くと、何も知らずに見た人が混乱する恐れがあります。

そのため、撒く前に骨とわからない程度まで粉砕する必要があります。

また、漁業が行われている場所でお骨を撒くことはそこで仕事をしている人や魚を食べる人に不愉快な思いをさせかねません。



そのため、沖合まで出て撒くことになります。
最近では粉末にするところから実際に散骨するまでを一括で行ってくれる業者もあります。
空に撒く場合は、ヘリコプターなどから行います。
こちらも海の上で撒くようにする必要があります。
山は海や空に撒く場合と違い、所有者がいますので、当然許可を取って行う必要があります。

水源に近い場所や建造物のある場所は避け、マナーを持って行うことが大切です。