散骨を選ぶメリットとは

subpage01

従来の墓石に埋葬する葬送は、後継者が必要になり、維持費や管理費がかかります。

近年の少子・高齢化が進む中、お墓を守っていることがむずかしくなったり、転勤や引っ越しなどで、お墓参りが難しくなるなど、さまざまな問題も起こってきています。また、子供や孫に負担をかけたくないという思いもあり、墓石への埋葬をやめ、散骨や樹木葬を選ぶ人も増えてきています。

@niftyニュースの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

散骨とは、その字の通り、遺骨を撒く葬送ですが、日本の法律では遺骨をそのまま撒いてしまうと法律違反になってしまうので、細かく砕いてパウダー状にすることがルールとなっています。法律では、散骨に対して細かな決まりはなく、節度を守って行えば違法にはなりません。
ただ、自宅の庭に撒くような場合、近隣住民とトラブルになってしまうケースもあるため、海へ撒く海洋散骨を選択する人がもっとも多くなっています。

海へ撒く際には、漁場や航路などから一定の距離離れが場所で行うなど、ルールを守って行うことが大切です。



最近は、亡くなった後は自然に還りたいという考えを持っている人が増えています。

散骨と同じように、自然に還るという樹木葬も人気となっています。樹木葬は、石のお墓と同じように、墓地・埋葬などに関する法律に基づいて、許可を得た区画に埋葬する葬送で、遺骨をパウダー状にする必要はないという違いがあります。自然志向や環境思考のライフスタイルが浸透するとともに、人気の葬送となっています。