現在の散骨と行なう場所について

subpage01

少子高齢化が進行する現在社会において、経済的な事情や継承者がいないという理由を背景に墓を維持できずに手放すケースが増えています。

最高の共同通信社情報を調べるならこのサイトです。

それによって引き起こされるトラブルを回避するために散骨を選ぶ方は多いです。一昔前なら散骨は違法な行為と見なされていましたが、現在では葬儀社が専用のプランを用意するほど人気を集めている葬儀となっています。


理由は遺族側にとって負担が少ない葬儀だからです。

もちろん故人の希望による場合もありますが、それを差し引いても現在利用者を増やしています。


現在の日本の法律では遺骨を自然に還すことは許されているものの、散骨は完全な合法というわけでもない状態です。
つまりこれに関しては個人の自由というわけです。



そのため火葬や埋葬の手続きに用いるような許可書や書類の申請は散骨に関しては存在しません。



そういった面では負担は少ないですが、問題は「どうやって骨を自然に還すか」に尽きます。
まず基本的に散骨を行う場所は海洋です。

遺骨を自然に還すなら陸でも構いませんが、陸の場合は他人の私有地への許可や周囲との協力が不可欠です。

もちろん自分の土地であれば許可は必要ありませんが、やはり家族や親族の間で反対する声は多いと報告されています。それに比べて海であれば周囲の許可は必要いらず、葬儀社が用意しているプランによってスムーズに行なうことが可能です。
もちろん葬儀社を頼らずに自力で行なうこともできますが、港から離れた沖合で葬儀をするのが絶対条件です。